夫婦

ldlコレステロール  

美容

コレステロールは細胞膜を作る役割があります。ldlコレステロールはそれらのコレステロールを各臓器には運ぶ役割をします。ldlコレステロールが増えすぎると動脈硬化を引き起こす可能性があります。

詳しくはこちら

認知症の予防方法

サプリメント

認知症とは、さまざまな原因で、脳内の細胞が死滅してしまい、言語機能や、記憶機能が衰える症状のことをいいます。人間が日常生活を過ごしていくためには、脳の機能が非常に大切です。脳が正常に機能していることで、精神的にも身体的にも潤滑に機能することが出来るのです。脳内に支障が出てしまうことで、日常生活に支障をきたしてしまうのです。認知症は、高齢者に多く発症する病気で、国内でも認知症高齢者の数は増えています。認知症にはいくつかの種類があります。アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭認知症などです。一般的に認知症と聞くと、アルツハイマー型認知症を思い浮かべるひとが多いですが、認知症の治療は、それぞれの症状に合わせて行なっていく必要があるため、認知症の種類を把握しておくことはとても大切なのです。認知症の治療には、食品から十分に栄養を取ることも含まれています。サプリメントなどを利用することでも認知症のリスクを減らすことが出来ます。

現在の認知症の研究段階では、認知症の確かな予防法は見つかっていません。ですが、最近の研究結果では、認知症になりにくい、つまり予防方法が少しずつ判明してきています。認知症を起こりにくくする予防策は主に2つあります。1つめは認知症になりづらい生活習慣を過ごすというものです。普段の生活習慣が認知症に大きく関係していることが分かっています。食習慣や、運動習慣、人とのコミュニケーション、読書やゲームなどの知的行動習慣、質の高い睡眠週間などを正しく行なうことで、認知症を予防することが出来るのです。そして2つめの予防策としては、認知症になった際に落ちてしまう能力の強化です。認知症になってしまうと、記憶や注意分割機能、計画力などが著しく低下してしまうという、研究結果があります。そのため、これらの能力を普段からトレーニングしておくことで、認知症の発生を予防することが出来るとされています。普段から食事内容をシッカリ見直すだけで、認知症を予防することが出来ます。食事だけで、栄養を補給できない場合は、サプリメントや栄養補助食品を利用して、認知症予防を行ないましょう。

グルコサミン効果 

医者

dhcグルコサミンにはグルコサミンやコンドロイチンなど、軟骨を生成するために必要な成分が豊富に含まれています。手軽に生活に取り入れることができるので、多くの人に利用されています。

詳しくはこちら

EPAの豊富なサプリ 

看護師

EPAはエイコサペンタエン酸という青魚などの食品に多く含まれている不飽和脂肪酸です。EPAは中性脂肪の減少や、記憶力の向上効果に期待ができます。サプリメントを服用することで気軽に摂取することが出来ます。

詳しくはこちら